仙台人が仙台を好きになるブログ(熊谷屋ブログ 駄菓子屋さんです。)

2015年8月のアーカイブ

楽学プロジェクト2015 和菓子の仕事

2015/8/22

今年で2年目の参加となる楽学プロジェクト、和菓子作りの講座が7月30日に行われました。

7月の終わりはもっとも蒸し暑い日かもしれませんね。
開会式が木町通小学校の体育館で行われましたが児童・生徒、スタッフの先生方、講師達などなど合わせて大勢の人たちが一堂に集まり一段と室内の温度も高く感じられます。



昨年は木町通小学校の調理室を借りて行いましたが、ひどく暑い日でエアコンも無くなかなか苦労いたしました。
ですが今年は木町通市民センターの調理室を使用することになったのでエアコンの効く涼しい環境で行うことができました。




楽学プロジェクトの参加者は仙台市内の小・中学生ですが、この講座の対象者は中学生となります。
参加人数は20名のところ欠席3名で17名。

今回は仙台駄菓子の歴史の説明をするのにPowerPointを使ってプロジェクターで見せながら行いました。
PowerPointは自分で作成用意したのですが、作るのは初めてでした。前日にあれこれやり方を調べながら手書きのイラストと写真で構成してなんとか出来上がりましたが、意外と良い感じに仕上がりました。


口頭だけではなくイラストや写真を交えて説明する方が伝わりやすいようでした。

説明の後はこれからが本番でお菓子作りに入ります。作ってもらうのは3つ。
まずは普段使っている道具の説明で、こんな道具でこんな使い方があるんだよと実演していくつか和菓子を作り見せました。
そのあとに実際みんなが作る作品の作り方をゆっくり丁寧に実演しながら説明してから、作業に入りました。




まずはひまわり。
一番簡単かなと思ったのですが意外とみんな苦戦していました。ヘラで花びらを作るのが難しかったようです。思わぬところで時間がかかってしまいまして、まだ2つあるのに大丈夫だろうかと心配になりました。



次に作ったのが川辺の蛍。
青い寒天の川に黄色い羊羹で蛍の光を表現、蛍は胡麻です。
作った和菓子を各々写メに撮ったりして楽しんでいました。中には茶道部の子がいて袱紗を持ってきてその上に載せて撮っていました。


そのあとは逆に思ったより簡単だったようでなんとか予定通りの時間で収まりそうでした。







最後にお抹茶を自分でたててお菓子た一緒にいただきました。
お菓子は今日作ったものと言いたいところですが、せっかく上手に作れたのでお家の人にも見せていただきたいから、別に用意した仙台駄菓子を食べました。








コメント (0件)

コメントする