hist_02

history.head

history.1

創業元禄八年(1695年)、終始一貫して駄菓子の製造販売を行い現在に至ります。
初代熊谷屋 治三郎 伊達藩政宗が岩出山より家臣団をつれて移り…
二代目熊谷屋 治三郎 茶道文化とお菓子のかかわり…
三代目熊谷屋 治三郎  
四代目熊谷屋 治三郎  
五代目熊谷屋 利三郎 将軍吉宗は、国内の砂糖生産を増強するために
六代目熊谷屋 卯三郎 文明開化の中で庶民は暮らしを充実させていった
七代目熊谷 熊吉  
八代目熊谷 熊蔵  
九代目熊谷 光雄  
十代目 熊谷 典博  

history.2

昭和32年 八代目熊蔵、「ささら飴」をつくり出し、数々の賞を賜る。
八代目熊蔵は、竹のささらを七夕に見立てて飴玉を付けた「ささらあめ」を考案、仙台商工会議所の七夕みやげ品コンクールで特賞を受賞。
昭和38年5月23日 昭和天皇皇后両陛下ご来仙の折、当店のささら飴がお買い上げの光栄を賜る。
昭和43年9月 個人より会社設立。資本金100万円。(有)元祖仙台駄菓子本舗 熊谷屋とする。
昭和52年 第19回全国大菓子博覧会にて大臣賞を受賞。
昭和57年3月 社長に光雄就任。
昭和58年1月 資本金増資。500万円とする。
平成12年2月4日 第40回全国推奨観光土産品審査にて「日本商工会議所会頭賞」を受賞。
平成18年2月6日 「創業310周年」の表彰を仙台市より受ける。
平成18年6月 熊谷屋ホームページを開設、ネット注文可能に。
平成21年9月 社長に順子就任。
平成22年2月10日 第50回全国推奨観光土産品審査にて「全国観光土産品連盟会長賞」を受賞。
平成25年10月 社長に典博就任、現在に至る。

history.3