仙台人が仙台を好きになるブログ(熊谷屋ブログ 駄菓子屋さんです。)

2013年3月のアーカイブ

新しい練きり菓子を造ります

2013/3/29

現在、当ブログのヘッター写真(PC画面)を宮城ディスティネーションキャンペーンにちなんで「笑顔花咲くたび 伊達な旅」というタイトルにしていますが、
新しいデザインで練きり菓子を造ってみました。
いつから出せるかははっきり申し上げることはできませんが遅くとも4月の上旬にはお店に出せると思いますので、どうぞ楽しみにしていてください!
さて、どんなデザインなのか…

 


コメント (0件)

コメントする 

特別展「おやつ~今や昔の甘味事情~」

2013/3/27

平成24年11月17日(土)~平成25年4月14日(日)まで仙台歴史民俗資料館にて特別展「おやつ~今や昔の甘味事情~」という展示がされています。
その期間中のイベントとして茶話会「仙台駄菓子のお話~菓子職人さんを囲んで~」が3月23日に行われました。
今回熊谷屋の職人として私が呼ばれたわけですが、なんと参加者の皆さんは20名も来てくださいました。
中には虎屋文庫の方もいらっしゃいまして、びっくりしました。
会は熊谷屋の仙台駄菓子を8種類ほど資料館側で用意していただきそれらをお茶と一緒につまみながら話を聞くスタイルで、私は学芸員の畑井さんと会話形式でお話を進めていきました。
ちなみにその際に出た仙台駄菓子は「うさぎ玉」「うめぼし」「ゆびわ」「ハッカ」「黄金」「こうせん」「黒パン」「しぐれねじり」。
このように皆さんの前で講話をするのは不慣れではありましたが、学芸員の畑井さんの進行のおかげで楽しく過ごすことができました。



途中参加者の方々からいくつか質問もいただき、中には昔購入したささらあめを今も大切に冷凍庫で保管していらっしゃるという方もおられました。大変うれしい限りです。
企画展示物についてはあとでゆっくりと見に行きます。
4月14日まで行われているのでみなさんもぜひ見に行ってください。

 


コメント (0件)

コメントする 

宮城県の物産と観光展

2013/3/11

宮城県の物産と観光展がそごう千葉店で3月12日より開催されます。 お近くの皆様よろしくお願いします。 地元紙「河北新報」おすすめの、 宮城が誇る絶賛グルメたち。 黒潮と親潮が交わる三陸の海の幸、 蔵王・栗駒が育んだ山の幸、素朴ながらも繊細な工芸品。 河北新報おすすめの一級品がそろいました。 ■ 3月12日(火)~18日(月) ■ 千葉そごう6階=催事場   ※ 最終日は午後5時閉場 ←ポチッと押してください! クリックお願いします!


コメント (0件)

コメントする 

コロカ扱い開始しました

2013/3/6

携帯ゲームで移動ゲームのコロプラというものがあるのですが、この度リアル店舗としてコロカを扱うことになりました。
老舗がゲームに参加…とはおかしいようにも思われるでしょうが、若い人たちにももっともっと知っていただけるようにと思い参加しました。
コロプラのユーザーさんよろしくお願い申し上げます。
↓これが熊谷屋のコロカです。

コロプラ
http://colopl.co.jp/coloca_shop/

 


タグ:,

コメント (0件)

コメントする 

仙台の偉人、菅克復って人 知ってます?続き

2013/3/4

以前「仙台の偉人、菅克復って人 知ってます?」というタイトルで書きましたが、
菅克復の屋敷はもともと北三番丁にあったという。
その詳しい場所を三居沢電気百年館の館長さんに尋ねたところ後日電話で教えてくださいました。
そこは現在の青葉区支倉町三丁目、大学病院の近くの仙台市交通局のバスプールがあるところの先の角あたりだったそうです。
ほぉ、そうだったのかぁ。念のためにうちにあったゼンリンの地図(97年版)で確認したら、
なんとそこの場所に「菅節蔵」さんというお名前が!
館長さんによると以前、菅克復さんの子孫であるという方がお見えになられて現在は札幌に住んでいるとか…。
地図は97年版なので現在その場所は大きなマンションが立っています。
もしかしたらこの人が札幌に引っ越したのかなぁ。想像は膨らみます。
市民会館から交通局を通り大学病院に突き当たるこの通りは、市電が開通するまで道は通っていなかったそうです。
写真の地図を見るとその道路を作るために敷地が削られたとして、昔はもっと東西に広い敷地だったのではないでしょうか。だって、自分の屋敷内に家内工業の機織り工場を作っちゃうんですからね。

よく見ると菅アパートなんていうのもありました。もしかしてこれも関係してるのかも…
あくまで想像ですが。

 


タグ:, ,

コメント (1件)

  1. admin より:

    菅克復さんのお孫さんがお店にいらして、菅克復の菅と管の間違いを指摘してくださいました。
    残念ながらその時私はお会いできなかったのでもしこのコメントをご覧になりましたら、ご連絡をいただくかまたお越しいただきたいと願っています。いろいろお話を聞きたいのでよろしくお願いします。

コメントする