仙台人が仙台を好きになるブログ(熊谷屋ブログ 駄菓子屋さんです。)

へくり沢にはもっと上流に源流があった

2016/10/29

柏木市民センターでの事業
「へくり沢ウォーキング」
今回で4回目です。ひとまず最後になります。
最初の1〜2回目は2015年の11月に行われれ、柏木市民センターから出発してへくり沢を下って広瀬川との合流地点まで歩くというもの。
3回目は6月に行われる、今度は逆に上流へと歩きました。出発は新坂の上にある知事公館からで春日神社の辺りまで行き柏木市民センターへ戻るというもの。

そして今回はこれまではへくり沢の下流部分を歩いたのに対して、「源流を訪ねる」と題しまして上流部分を初めて歩きました。

f0068891_08501430.jpg

参加した人数は定員の15名。

f0068891_08503114.jpg

まずは出発前に模型を使って予習です。

f0068891_08511895.jpg
f0068891_08521416.jpg

いつもは最後になる春日神社から始まり今野さんも張り切って説明していました。

f0068891_08524629.jpg

ここは四ツ谷用水とへくり沢が交差する所なので、四ツ谷用水の洗い場跡を見学して、実際立体交差している部分の上に立ちました。
みんなが立っているのが四ツ谷用水の上で、2枚目の画面左側石垣が見え土地が下がっているのがわかると思いますが、へくり沢の滝の部分です。

f0068891_08533667.jpg
f0068891_08541869.jpg

へぇ〜この下を四ツ谷用水が流れているのかぁ。

f0068891_08545228.jpg

へくり沢の暗渠部分は道が赤くなっていて赤道と呼ばれています。その赤道を辿って行きます。

f0068891_08553078.jpg

途中タコ公園で一休み?

f0068891_08554777.jpg

さらに歩くと国見小学校に着きます。

f0068891_08562170.jpg

道路に出てから国見コミュニティーセンターへ向かいます。

f0068891_08565569.jpg

信号の隣に花がお供えされていますが交通事故とかそういうものではなく疱瘡神様なのです。
もともと国見台病院の敷地にあったものの一つで病院を建てる祭、移動したそうです。

f0068891_08571008.jpg

背後の建物は国見児童館でここがその昔堤でした。つまりため池でここからへくり沢が下流へと流れて行くのです。

f0068891_08574654.jpg

ちなみにこのすぐ上の国見コミュニティーセンターも堤で2段階になっていました。

少し移動して福聚幼稚園の駐車場に来ました。ここから下を見ると地形が溝のようになっています。
これはへくり沢へと流れ込む支流でキツネ沢いうそうです。

f0068891_08593596.jpg

策の右側の溝がキツネ沢の跡になります。

f0068891_09010599.jpg
下の国見コミュニティーセンターから見た写真で正面の木の左側に側溝がありますがそこの場所を通って堤に流れ込んでいたと思われます。
f0068891_09022315.jpg

近くに仙山線の駅、東北福祉大駅がありその脇に道路が通っていますが、駅が作られる以前は芋沢街道と言って細い道が本道として使われていました。
それでも昔はバスが通っていたそうですが、今ではその街道を横切る踏切は人しか通れません。

f0068891_09043154.jpg
f0068891_09054034.jpg
f0068891_09055969.jpg


先ほどコミュニティーセンターと児童館の堤からへくり沢が始まると言いましたが、実は源流はもっと上なのです。
堤とは川を堰き止めてため池を作り農業用水として使っていたのです。ならばその先にもっと上があるのは当然です。

f0068891_09065758.jpg

芋沢街道の踏切を越えた少し先が本当のへくり沢の源流だったのです。
ここは昔の地名で一ノ坂、二ノ坂というそうで、今でもその名残が感じとられる建物の名前があるというのはとてもいいことですね。

f0068891_09071285.jpg

ということで今回はここで解散です。


コメント (0件)

お名前

メールアドレス