仙台人が仙台を好きになるブログ(熊谷屋ブログ 駄菓子屋さんです。)

木町通二丁目について調べてみました

2012/6/29

熊谷屋が所在する場所、木町通二丁目。
店の前の通りは奥州街道、旧町名を北鍛冶町という。
そしてここの近辺には木町という地名と木町通一丁目という地名があります。
二丁目があるのだから一丁目があるのは至極当然、
しかしながら「通」という名が付いているのに二つの地域を貫いている通りは無い、
それが昔からなんか腑に落ちない感じが私にはありました。
地図上で二つの区域を確認すると国道48号線(作並街道)を境に南北にブロックが分かれ
さらに東西に少しずれているのがわかります。

そもそも通とはそこへ通ずる道という意であり、この場合「木町」へ通ずる道なのである。
木町通はもともとあった地名で大町二丁目あたりから北山の覚範寺へ至る通りを「木町通」と呼んでた、
そして「木町」は立町から定禅寺通櫓丁までの間を呼んでいた。
きちんとした名称は材木町で、そこは幕府より木材専売の特許を与えられていた、その後南材木町、北材木町(定禅寺通櫓丁裏)ができ本材木町という名に変遷した。

※現在でこそ大学病院から北山へ伸びる道路はトンネルへと続くが昔は手前で斜めに折れ撹範寺へと突き当たっていた。
これらのことから昔の木町通は現在の一丁目の真ん中寄りを縦断していることから、
二丁目に関しては縦断ではなく端が木町通に接しているということで地名が付けられたようだ。
(もちろん当時他にも新地名の候補があったが)
そして残る現在の「木町」という地名は単に木町通上にある地域だからその名をとっただけでそこがもともとの木町すなわち材木町とは関係ないのだという。


タグ:

コメント (2件)

  1. 菅原稔郎 より:

    本日、野蒜築港のことを調べていたら、2014/12/1付け本ブログに辿り着き、
    木町の植木氏(知人です)の祖先のお話や、さらには木町の地名の由来の謎が
    解けました。
    藩政時代、足軽屋敷が多かったあの界隈がなぜ「木町」なのか以前から疑問に
    感じておりました、お陰様でスッキリしました。ありがとうございます。

    1. admin より:

      コメントありがとうございます。疑問がすっきりしてよかったですね。ブログを書いた甲斐があります。

コメントする 

六丁の目ってへんな地名だね

2012/6/21

仙台には六丁の目という地名があります。
一丁目、二丁目、…六丁目ではありません、れっきとした地名でございます。
へんな地名…、みなさんもそう思うでしょう。
でもちゃんとした地名の謂れがあるんですよ。
『鎌倉時代の中期、時宗(じしゅう)の開祖として名高い一遍上人が、諸国を遊行してこの地に来られ、ここで念仏弘通が行われた時、道ばたの平らな石に六字の名号即ち南無阿弥陀仏の文字を書かれた。ところがこの六字の銘がそのまま石に刻んだように浮かび出たのがこの碑であるということである。地方民はこれを「六字の銘」を読んでいたが、後世訛って「ろくちょうのめ」というようにたった。これがまたそのまま地名となったのが六丁目であるという。』
(仙台地名考 菊地勝之助著より)
※念仏弘通=お念仏を広め唱えること
この石碑は六丁の目コミュニティセンター前に建つ太子堂に祀られています。

南無阿弥陀仏の六字の銘は実際左右逆に書いてあります。


六字の銘が訛って六丁の目っていったいどんな訛り方したんだとお思いでしょうが、
六字の銘を別名、六丁の銘と言っていたそうです。


タグ:

コメント (0件)

コメントする 

かわいい小学生

2012/6/19

本日台風が九州に近づく中、仙台も雨が朝から降っていました。
そんな中、地元の小学校の児童(二年生)が「まち探険」と称して周辺の商店や銀行などをグループでまわってお店の人に説明を聞いたり、質問をしたりして社会学習をしました。
そして、当店熊谷屋にも小学二年生の児童たちがやってきました。
みんな傘をさしたりカッパを着たりして雨の中大変そうでしたね。
(でも雨で中止となるよりは子供たちはそれぞれ楽しめたことでしょう)
ひとつめのグループがやってきてごちゃごちゃと質問が矢継ぎ早にむけられてあたふた(笑)
ふたつめのグループはけっこうあっさり、いろいろ性格があるんだなぁ。
そして次に来たグループは二人で、また同じように説明しだすとなにやらニヤニヤさっき聞いたよという顔をしてる。
よく見たらひとつめのグループにいた子でした。
「どうしたの?」と聞くと
「雨でカッパが滲みて服が濡れてくるから、カッパを掛けるものが欲しい」ということだそうだ。
大人だったらずうずうしい?ことですが、まぁまぁ小さい子供のすることですからそれはそれでかわいいな。
とりあえずハンガーを奥からひっぱり出してきて二人に渡しました。
教室に戻ったら掛けるのかなと思ったら、
店の中に掛けようと掛けれそうな箇所をさがしてる(えっ!?)
「ここ(自動ドア脇にある紐)にかけようかな~」
「あそこ(おせんべいを陳列するのに入れている籠)にかけようかな~」
あわてて
「おいおい、そこはダメだよ!おじさん持ってるよ。
それで、このあとどうするんだい?」と聞くと、
「次はマリーン薬局に行く予定だから、そのあと戻って取りに来ます」
「あぁ、そうなのね…
って、それじゃ余計濡れるじゃない!(汗)」
ということで結局大きな透明なビニール袋を持ってきて頭と腕の部分を切り抜いて中に着せましたよ。
この年頃の子たちは大人が考えもしないことをやりだすからおもしろい。
男の子と女の子の二人でかわいかったなぁ。


コメント (0件)

コメントする 

遠見塚古墳

2012/6/19

古墳といえば「仁徳陵古墳」などが有名ですが、仙台にも立派な前方後円墳があるんです。
それが若林区にある「遠見塚古墳」です。
国指定史跡
遠見塚古墳
仙台平野の真ん中、南小泉遺跡(弥生・古墳時代の集落跡)の中に造られた全長110mの前方後円墳で、東北地方では第3位の規模をもっている。
 古墳の形式、構造、出土遺物から見て、4世紀末~5世紀初めごろの墳墓と考えられ、東北では2番目に古いものである。被葬者は当時、すでに強力な政治、経済力を持ち、畿内との関係を保ちながら、広く仙台平野の王として君臨していたことを示す遺跡である。(史跡説明板より)

石碑の向こうに見える地表のふくらみが古墳で左奥が円形部分で、右手前が方形部分です。

さらに円形部分に上るには階段がありますが、これは当然後から設置したものでしょう。

上から下方を見下ろした写真です。

上空から見るとしっかり鍵穴の形をしてますね。

ここは古墳がど~んとあるだけで他に何があるわけではありませんが、
こうして古墳の土に手を当ててみると4世紀からの壮大な歴史が感じ取られるような気がしてとてもわくわくするのは私だけでしょうか?
実はここに古墳があることは以前から知ってはいましたが、なかなか見に来ることが出来ませんでした、
またみなさんも同じように知ってはいたものの見たことないという方は多いと思います。
でも一度でいいですから、来てみてください、なんか現代の世の中でせわしなくしている自分がとてもちっぽけに思えて、そして約16世紀もの間ここにこの古墳が存在していたことを感じとれるでしょう。
すぐとなりにある遠見塚小学校に続く桜並木もその季節になると綺麗なのでしょうね。
ここの児童がうらましい。(4月初めに撮影)



タグ:,

コメント (0件)

コメントする 

~絆~物産市場

2012/6/18

6月17日、日曜日
イオンモール秋田にて「~絆~物産市場」という催し物がありまして出店参加して来ました。
秋田青年会議所さんが主催の事業でした。
イオンモール内の1Fセントラルコートで行われ、宮城の他青森、岩手、福島の4県のお店が参加し、宮城からは熊谷屋の他白石温麺のきちみ製麺、牛タンのべこ政宗、焼物の堤焼など。

イオンモールに来たお客さんがセントラルコートに立ち寄ってくれておかげさまで皆さんたくさん買ってくれました。
感謝です!

秋田の皆様が被災地のものを買うことによって復興を手助けし、復興支援を風化させないようにすることがこの事業の目的だそうです。

仙台コンベンション井龍さんが仙台の観光をPR

でも仙台から秋田まで往復6時間、日帰りはちょっときつかったなぁ。
もちろん何も見る時間も地元のお土産を買う時間も無かったです。(涙)


コメント (0件)

コメントする 

熊谷屋の新しいパンフレットできあがりました!

2012/6/15


作成開始から約2ヶ月、
真ん中上のイメージ写真に使った抹茶と茶器、とてもいい感じに表現できました。
そして商品たちもいい顔してます(^^)
表の色、ピンクっぽいのも何度も微妙な色合いの校正を重ね、やっとのことで落ち着きました。
最初のデザイナーさんがパソコンで出力してくれたものと、
我々のイメージの相違あってイメージを伝えるのになかなか大変でした。
しかし、そのあと今度は印刷屋で使うインク、紙質でまた大きく変わってしまいました、
PC出力とまったく同じには仕上がらないということでできるだけ近づけるのにこれまた苦労しました。
おかげさまで納得のいくパンフレットを作ることが出来ました。
デザイナーさん、印刷屋さん、そして茶器を提供してくれた金源堂さんありがとうございます。


コメント (0件)

コメントする 

阿藤快さん来店

2012/6/6

無事、取材が終了しました。ε-(´∀`*)ホッ 本日、「旅の達人がいく!阿藤快の日本漫遊記」という番組の取材で阿藤快さんが来店しました。
実は快さんが来るのは2回目、で前回は9年前でした。 前回の時は私はお会いしなかったのですが、快さんは前に来たことを覚えていらっしゃいましたよ!
テレビの取材は毎度緊張しますね~、それに今回は阿藤快さんのテンションに圧倒されるんじゃないかって(笑) でも実際お会いすると、とても気さくな方で普通にお話もでき楽しい時間を過ごしました。
サインもいただき、それに自らお店の人たちを呼んで一緒に記念写真を撮ってもらいました!

もちろんカメラがまわると私はいつものように緊張して何を言ってるかわかりません(汗
きちんと編集してくれることを祈ります。(笑)
阿藤快さんは本当にテレビで見るよりもっときさくで気配りもすごいし、親しみやすい方でした。 AKB48のファン投票に阿藤快さんが入っていたらCD5枚は買います!ww

緊張してるツーショット!


タグ:,

コメント (0件)

コメントする 

うどう沼公園は意外に面白い

2012/6/3

中山ジャスコの近くにあるうどう沼公園に行ってきました。

道路沿いから見るとコンビニの脇に公園の駐車場がありちょっとした遊具もあり、そして大きめの沼が見えます。
私もよくその前は通るのですが立ち寄ったのは初めて。
(道路側から撮った写真)

(反対の森側から撮った写真)

ここは沼に面したデッキが備え付けられていてヘラブナ釣りができるみたいですね。↓

沼の周りを散策する道があったのでぐるっとまわってみました。
途中東屋が二つくらいあり、
ちょっとした森の中を歩いている感じで気持ち良かったですよ。

さらに進んでいくと水芭蕉が自生してるところがあり今は緑の大きな葉だけでしたが春には綺麗な花を咲かせるのでしょう。
春が楽しみですね。

そしてすぐ先には蓮の花がたくさん咲いていました。
花自体は小ぶりかもしれませんが、間近で見る蓮の花はとても清らかで美しいものでした。



また違う季節にも来てみたいものです。
ちなみにその日は大学対抗の野球の試合がそのすぐ裏の福祉大球場で行われていたので、ちょっとだけ観戦してきました。
(福祉大vs学院大)



コメント (1件)

  1. Yuri より:

    明日あたり、睡蓮は咲いているでしょうか?
    もし咲いていたらみてみたいです。情報教えてください

コメントする 

半子町(子平町)の藤

2012/5/25

先日半子町(子平町)の藤を見てきました。(臨時駐車場は建物脇に4~5台停められる臨時駐車場が用意されていましたが公共機関などで行くことをおすすめします。)
今年の解放期間は5月の23日~27日までですが、他の辺りの藤はほとんど咲き終えていたので少し不安でした。

始まってわりとすぐ行ったんですが、案の定最盛期は少し過ぎていました。

去年、仙台市指定天然記念物になったんですね。
なにげに初めて行ったんですが満開だったらもっときれいだろうなと思うとまた来年に期待します。
いくつか撮った写真をご覧ください。

う~ん、となりの咲き終えた?枝が気になる~

なんとか綺麗に撮れたかな?
花の多いところを選んで撮ってみました。




タグ:

コメント (0件)

コメントする 

伊達の御家騒動(仙台市博物館)

2012/5/21

先日の記事で仙台市博物館へ行って「仙台藩の御家騒動 寛文事件を追いかけろ!」という企画展を見てきたことについて書きましたが、御家騒動について少し詳しく述べていきたいと思います。
前記事でもう一度期間中に行きたいと言っていましたが、なんと3回も行ってしまいました。
(一度では見きれませんでした[#IMAGE|S37#])
伊達家御家騒動はいわゆる寛文事件の事をさします。
そしてそれは三代目藩主綱宗の隠居に始まり江戸での刃傷事件で終わります。
今回の企画展のメインの「伊達の黒箱」というものは刃傷事件後の約1ヶ月の事件処理に関する文書が納められた箱の通称。この文書を紐解くことによって真相を究明するという企画展です。
(このなかの文書を見ることによって当時の様子が細かくうかがえます)

寛文事件は綱宗の隠居に始まります。
綱宗は酒や女遊びにふけて放蕩してばかりいたので、家臣より藩政を危ぶむ声が出て
家臣は筑後柳川藩主立花忠茂に相談した。
(立花忠茂は2代目藩主忠宗の娘鍋姫が嫁いだ先だったので伊達藩全体の後見人的な立場だった)
そこで
ダメな藩主を隠居させ次の代の藩主をたてるいわゆる「主君押込め」をした。
(「主君押込め」とは江戸時代の風潮で戦国時代の下剋上のように主君が変わるということはせず藩を守るために次の代に変えるということをしていました。)
幕府に申し立てをして綱宗は病気という建前で隠居させ、
4代目にその息子、亀千代(のちの綱村)をたてることにしました。
しかしながら亀千代はまだ2歳であったため後見人を立てることにしたのです。
その後見人とは伊達兵部宗勝と田村右京宗良のふたり。
兵部は藩祖正宗の十男、右京は2代目忠宗三男。
二人は各々三万石ずつ与えられ内分大名になった。
兵部は一関藩、右京は岩沼藩。
以後、兵部は観察役の目付を重用ししだいに専売をふるうことになった。
その他、伊東七十郎の処刑にみられるように、自分に不利な件に対しては残忍な処罰を与えることが多かった。
このようにして兵部の専売がしだいに藩士からの批判の的になっていった。
一方で伊達一門である伊達安芸(遠田郡)と伊達式部(桃生郡)の間に領地の境界争いが起こり、一時は落ち着いたのだが伊達安芸は納得が行かず、幕府に申し立てをする事になった。
(この時期の領地境界争いは、ちょうど新田開発で土地を切り拓いて田畑を広げていたために起こった争いである。)
この幕府への申し立てを公けにするという事が意味するのは仙台藩に調停能力が無いということを幕府に示すことになり、仙台藩としてはよくないことでありました。
伊達安芸が幕府に申し立てた内容は、
境界争い以外に、
兵部が好き勝手に藩政をとりしきっている、
奉行同士が仲が悪い(ために藩政がうまく機能していない)、
処罰者が増えている(兵部による行きすぎる処罰)、
ということまで訴えています。
(これらの内容はのちに忠義の家臣といわれる所以ですが、裁判に勝つためにいろいろと相手の不利な状況証拠を挙げているようにも思えます。)
裁判の様子(歌舞伎『伽羅先代萩』)

裁判は伊達安芸に有利に進み勝利が決まる寸前(寛文11年3月27日)に原田甲斐が突然乱心して伊達安芸に斬りかかるという刃傷事件が起こった。
その事件で伊達安芸は殺され、同席していた柴田と蜂屋も原田と斬り合いになったが老中酒田家家臣に混乱中三人とも殺された。
同席した中で唯一生き残ったのは古内志摩義如でした。
刃傷事件の様子(歌舞伎『伽羅先代萩』)

その後原田一族は幕府のお膝元で刃傷事件を起こしたということで御家断絶にされ、
兵部は高知へ配流された。
しかし仙台藩主である綱元(綱村)はまだ幼少のため責任は無いとし、
仙台藩自体は御咎め無しとなり
藩は安泰となった。
4月3日にその旨が内諾され、
4月6日に正式に書面にて報告がなされた。
以上、これが伊達の御家騒動になりますが、
この企画展ではそれぞれのその後を追って説明をしていますので興味深いものがあります。
(小学生にもわかりやすく説明したプレートも用意されていました)
6月10日(日)までまだまだ日にちはありますのでぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?
いや仙台人としてはぜひ見るべきだと思います!



タグ:

コメント (0件)

コメントする