仙台人が仙台を好きになるブログ(熊谷屋ブログ 駄菓子屋さんです。)

マラソンと宮城復興絆プロジェクト(イベント)

2012/5/14

平成24年5月13日(日)杜の都仙台にて晴天のもと、
国際ハーフマラソンが行われました。
仙台、しかも比較的街中に住んでいながらこうしたマラソンや駅伝の街頭応援に来たのは初めてでした。
8:50スタートから時間を計算して約7kmの折り返し地点である定禅寺通ににて10:00ころから待機。
すでにおおくのギャラリーの方で通りの両歩道は埋め尽くされていました。
到着10分程度でさっそく先頭ランナーが参り、それは藤原新選手でした!
残念ながらあっというまに通過していき、写真は撮れなかったのですが奇跡的に
なんと公務員ランナーの川内優輝選手をぎりぎり画面内に収めることができました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ピントはぜんぜん合っていませんが(笑)、まぎれもなく本人です!!
これだけでも来た甲斐があった!
応援の後はJCI宮城ブロックが主催している宮城復興絆プロジェクトというものが
勾当台公園の広場で催していたので覗いてみました。
東日本大震災の復興支援への感謝を込めてプラ版で携帯ストラップを作りました。

その後ちょうど「リアスの戦士イーガー」ショーが始まりました。
ちょうどいいから子供たちといっしょに観覧しました。
まぁまぁ、よくあるヒーローショーだと思ってみていたら、
まぁこれがおもしろくけっこう大人の方がウケまくりでした(笑)
悪人役のクララーゲのMCのほうが長い、そしておもしろい[#IMAGE|S3#]
こんな構成のしかたもあるもんだなと笑って見ていました。
うちの4歳の息子はというと悪者に怖がって「イーガー!来て-!」と本気で叫んでいました(笑)
「イーガー、ありがとうー!」
最終的にイーガーが悪者を倒して憲法について述べる(その日のテーマ)というものだったのですが、
正直、テーマの部分が伝わったかは微妙です。(汗)


着ぐるみは雑でしたが内容にクオリティがあって、こちらの方が好きです。



タグ:

コメント (0件)

コメントする 

朝日神社の杉が倒れたのはいつ?

2012/5/11

上杉通(愛宕上杉通)という通りが仙台にあります。
他に中杉通、二本杉通、杉山通という名の通りが近くにある。
いずれも杉という文字が入っているが、これは現在の台原で伊達藩四代藩主綱村の時代に杉を栽培していて当時杉山台と呼ばれそこへ向かう道を杉山通と呼んだことによります。
上杉通はきちんとした言い方をすれば上杉山通で城に近いほうだから上、次に中(杉山通)、杉山通となったそうです。

                      ↑
そして二本杉通も杉山台方面へ向かう道なのですがその名前の由来は他の三つとは違うみたいです。
そもそも二本杉通は花京院あたりから盲学校のあたりまでの道を指すのですが、
盲学校のところにある朝日神社の境内にある二本の大きな杉(翁杉・姥杉)にその名は由来するそうです。


 応和3年(963)此地に勧請。文治5年(1189)8月源頼朝奥州征伐の折,藤原泰衡が中山物見ケ岡(小田原台原丘陵)に退き防塁の陣を張り,頼朝の軍勢は二本杉の処に進みこの神祠に詣でた。その時,あたかも朝日が昇ってくるのを見たので朝日明神の名を残したと云われる。当社は守子の社(もりこのやしろ)と称され,朝日神子が農村の子等を集めて読書手習を教えた処で又幼児の守護神として百日咳を癒す霊験ありと信ぜられ守子の社の名が伝えられた。朝日神子(巫女)は寛文年間(1661~73)当社に仕えた傍ら付近の田野を開墾水利を推考して桜田川と梅田川を開き耕作に便を与えた。これ朝日神子が神のお告げによったもので農民をよく指導した其の功を賞し村民挙げて崇敬した。後に伊達氏命じて一祠を建立して神に祭った。神木二本の杉は古来翁杉姥杉と呼ばれ(樹齢約600年)ていたが翁杉の方が樹勢弱まり昭和9年(1934)3月21日の大暴風雨の際,中途から吹折られた。現在の二本杉は樹齢から見て其頃植継がれたものと思われる。二本杉通りの町名もこの老杉故に称された。(縁起案内掲示)
案内板には上記のように書いてはあるが見ると確かに杉は一本途中から折れている。
しかしながら昭和9年に折れたにしては周囲の柵の衝撃を受けた跡が新しいような気がしてならない。
柵の材質自体もここ10~20年くらいのものに感じます、いくら調べてもこれ以上の情報は見つからないのでどなたか(特に近所の方)知りませんでしょうか?

↑左側の木は杉ではありません、草むらに隠れてわかりませんがその隣に3m位の高さで折れた杉がありました。

↑わりと新しいアルミの柵ですよね。

↑倒れ、折れた杉。



タグ:

コメント (0件)

コメントする 

仙台郵便局創設之地の石碑

2012/5/9

北法人会青年部会の役員会が新仙台ビルであったので出席してきました。
そこまでは徒歩で行くと国分町をまっすぐ行くのですが、
この日は普段まったく気付くことのなかった石碑がふと目に入ってきたのです。
なんだろうこんなところに石碑が…
よく見てみると
「仙台郵便局創設之地」と書いてありましたので、
早速ネットで調べたら、(厳密にいうと)実は仙台郵便局の創設の地はこの場所じゃなかったらしい。
→詳しくはこちらなるほどね

カレーうどん屋さんの前です。



コメント (0件)

コメントする 

(追記)ブログのHPリンク完了

2012/5/9

本ブログが熊谷屋HPとリンクされました!
サイドメニューの「仙台ぶらり旅」(ブログタイトルとは違いますが…)をクリックするとブログへ移動します。
しかしながら、chromeで熊谷屋HP(http://www.kumagai-ya.co.jp/)を開くと新着情報のページが空白だったり、ブログ(http://kumagaiya.exblog.jp/のリンクがされていなかったりしてますが、注文は通常通りできます。
なおIEやsafariからは正常に表示されますのでそちらからどうぞ。
またこれからもおもしろい記事を書いていくつもりなので是非ブックマークをお願いします!
2012.5.15追記
今まで私のパソコンではchromeブラウザからは新着情報ページが表示されなかったりしていましたが、
試しに別ブラウザで表示させたURLをコピーしてchromeに貼り付けて移動したところなんと、きちんと表示されたのです!
原因は不明ですが、何かの不具合で自分のパソコンだけの問題だったのでしょう、
その後は普通に表示されるようになりました。
お騒がせいたしました。


コメント (0件)

コメントする 

こどもの日

2012/5/5

今年のGW中はあいにくの天気で先日はかなりの大雨で道路のいたるところから雨水が噴出していました。
そんな天気もうそのような本日、五月五日のこどもの日。
つかのまの青空でしょうか。
さてさて、こどもの日といえば鯉のぼり、兜、そして柏餅!
GWにお出かけや外食も楽しいですが、日本の風習として
柏餅を食べて季節を感じてみてください!
そして柏の葉は次の葉が出てくるまで落ちないという縁起物なんです。
柏餅はこしあんの他にみそあんとつぶし餡(草)の3種類を用意しておりますよ!


コメント (0件)

コメントする 

かわいいパンダさん!

2012/5/2

ただいまかわいいパンダの箱に入った駄菓子セットを販売しています。ぜひお土産にどうぞ!
(こちらは本店、エスパル店、長町モール店にてお買い求めできます)

この写真はこの前カメラマンさんに簡単ですが少しカメラの撮り方を教わったので、自分で撮ってみたものです。
一応、簡易スタジオを購入してきて使ってみました。
まだまだ未熟ですが、なんとか上手に撮れたでしょうか?(笑)


コメント (0件)

コメントする 

「仙台藩の御家騒動 寛文事件を追いかけろ!」

2012/4/30

先日の土曜日、4月28日に仙台市博物館にて
しろ・まち講座
「仙台藩の御家騒動―「伊達の黒箱」を紐解く」
というものをやっていたので拝聴してきました。
いわゆる伊達家の御家騒動について以前調べてみたのですが、なんか複雑でいまいち理解できませんでしたが、やはり耳で話を聞くのが一番!

13:30からの講演でしたが13時頃に博物館についたら駐車場がほとんど満車でした、
おそらく天気もいいし周辺の桜もきれいなので皆停めているのだろうと思いながらも、なんとか空きスペースを見つけ駐車することが出来ました。
館内に入ると、会場は一階受付向かいにある小さいながらも3~400人は収容できそうなホールで、なんとすでにほぼ満席状態でした。(駐車場が満車なのも納得)
幸いにも前から4列目のD-8(真中はD-10)の席に座ることができました。(ほぼ前列正面)

写真のように早くからほぼ満席で別の会議室も使用したそうです。
見た感じ私よりずっと年配の方がほとんどでしたがその関心の高さには正直びっくりしました。
講師の博物館学芸員、坂田 美咲さんのお話はお若いのにとてもわかりやすく説明してくださりとてもよく理解できました。

伊達家の御家騒動については後日もう一度復習をしてから簡単に当ブログで説明をしたいと思います。
講演後は同館の企画展の「仙台藩の御家騒動 寛文事件を追いかけろ!」の展示を見て回ったのですが、あまりにじっくりと見過ぎて時間が無くなり結局途中で博物館が閉館になってしまいました。(涙)
しかしながらまだ6月10日までやっているので必ずもう一度行くつもりです。
博物館の情報資料センターではいろいろと(図書館までとは行きませんが)郷土史関連のものがいろいろ見れてとても勉強になります。
係りの人に見たい資料を尋ねるととても親切に探してくれました。
博物館なんて正直小学校以来きたことなかったし、あまり興味もなかった。
でも今回久しぶりに来館しとても面白いところだというのを思い知らされました。
毎月通ってもいいぐらいの勢いです(笑)←本当に!
今回なぜ伊達家の御家騒動に興味をもったかというと自分の子供が通っている保育園の隣にある荘厳寺の門、通称逆さ門の由来がそこから来ていたからです。
みなさんも是非、仙台市博物館へ足を運んで郷土について興味を持っていただけたら私もうれしいなと思います。
仙台城三の丸跡にある仙台市博物館




タグ:,

コメント (0件)

コメントする 

2012年春 桜

2012/4/28

先日、天気が良かったので配達の途中にあまりの綺麗さに車を停めて撮った写真です。
新坂通りはお寺が多く、それぞれに植えられている桜はどれも素晴らしいです。
          昌繁寺


          永昌寺


          永昌寺の桜を内側から見たところ


          しだれ桜も見事です(永昌寺)


タグ:

コメント (0件)

コメントする 

テマヒマ展を見てきました。@六本木

2012/4/27

【美しいものは、いつの世でも お金やヒマとは関係がない みがかれた感覚と、 まいにちの暮しへの、しっかりした眼と、そして絶えず努力する手だけが、一番うつくしいものを、いつも作り上げる】(花森安治)この言葉を想う「テマヒマ展」が本日4月27日から。
↑この「テマヒマ展」の内覧会に行ってまいりました。
場所は東京六本木ミッドタウン ガーデン内にある会場にて。



この展示会は東北の伝統的な食もつや道具、工芸品などを展示する催し物です。
例えば漆塗りの職人の道具だったり、
干し大根を吊るしたものだったり、
各地方の駄菓子を並べたり…。
そしてうちも取材協力をしたので内覧会に招待されたのです。
残念ながら(笑)陳列された仙台駄菓子は石橋屋さんのものでしたが、他の県の駄菓子も見れて面白かったです。

(石橋屋さんのものですが…こんな感じで並べられてました)
他にリンゴの剪定ばさみや

色とりどりのお麩

外にはリンゴ箱が天高く積み上げられていました。

興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。
「テマヒマ展」


コメント (0件)

コメントする 

写真撮影

2012/4/26

昨日、新しいパンフレットに載せる商品写真等をカメラマンさんに撮っていただきましたが、そちらに立ち合わさせてもらいました。
もちろん先日の金源堂さんの茶器もしっかり使わせてもらいました!

物を撮る、いわゆるブツドリってやつですが、これは思った以上に時間がかかります。
やはりいいものをつくりたいからこだわりを持ちたい。
微妙な位置をズラしてみたり、パソコンで確認したり…、
結局一番時間がかかったのは商品よりも茶器を使ったイメージ写真だったりして…。


コメント (0件)

コメントする